家づくりは誰に頼めばいいのでしょうか?

家づくりはまず誰に作ってもらうか頼まなくてはいけないですよね?

依頼先を紹介してくれる会社もあります。一般的にはハウスメーカー、

地域の工務店、建築家に依頼します。それぞれの特徴をよく知りましょう。

ハウスメーカーの特徴は?

ハウスメーカーは土地探し、資金計画、アフターサービスまで行ってくれます。

経営基盤はしっかりしてますし、独自の工法と工場で生産するので家づくりの期間が短いのが

特徴です。

ハウスメーカーのデザインとプランディングは?

各メーカとも何種かのデザインサンプルがあります。部材・仕様ともに規格化されているので、プランに制約が多いです。

ハウスメーカーの工事監理と施工監理は?

現場での工事が少ないので工期が早いです。実際の工事は地元の工務店や下請け会社が行います。

ハウスメーカーのコストは?

特別な注文をするとコストが高くなることがあるので注意しましょう。

ハウスメーカーのアフターサービスは?

24時間のアフターサービス体制が確立されています。完成後は、営業や工事からアフター部門に担当が替ります。

工務店の特徴は?

工務店は地域に密着です。小規模ですが、機動力ときめ細かやさがあります。

打ち合わせやメンテナンスの時対応も早いもで、良心的な対応をしてくれます。

設計と施工を請け負ってくれますが、木工事以外は下請けの業者が工事をします。

工務店のデザインとプランディングは?

設計から施工まで一通り行います。プランニングは、施工のしやすさが優先されます。

工務店の工事監理と施工監理は?

設計施工の担当者が直接施工監理する場合が多いです。やりとりが早く、確実に反映されます。

工務店のコストは?

経費率が低く、全体のコストも少ないです。「〇〇一式」の見積もり項目が多く、追加工事が発生すると明細が不明瞭になる可能性が高いです。

工務店のアフターサービスは?

工務店が作った家の近くあるので、連絡が取りやすく、すぐに駆けつけてもらえます。何かあった時助かります。

建築家の特徴は?

建築家は、施工会社から独立して設計と工事監理を専門にしています。

また施工会社の選びや手配もしてくれます。

工事費以外に設計監理料が必要です。その費用は工事費の8~15%が目安です。

建築家のデザインとプランニングは?

建て主と話し合いを重ね、100%オリジナルの家を作ることができます。建築家によりデザインはさまざまです。

建築家の工事監理と施工管理は?

設計の意図どおりに工事が行われるが、監理者でもあるので厳しくチェックしてくれます。

建築家のコストは?

工事費以外に設計・監理料がかかります。仕様などがきめ細かく設定されて工事費が膨らむことがあります。

建築家のアフターサービスは?

工事の瑕疵だったり、大きな修繕の相談ができます。なのでとても心強いです。人員に余裕がないので、対応が遅れる場合もあります。

土地探しを依頼する場合どうしたらいいの?

土地探しは不動産会社に依頼するのが一般です。

その時に建築の専門家の意見を聞けるので心強いです。

ハウスメーカーや工務店の場合は、土地探しの費用がかからないことが多いのです。

建築家の場合は、足を運んでもらうごとに謝礼をするのが一般的です。建築家によって違うので、問い合わせみてはいかがでしょうか?

まとめ

家づくりをする時すぐ家を手に入れたいと望みます。

でも土地選びや、依頼先探し、欲しい住まいのイメージをしっかりしてください。

すぐハウスメーカーにお願いしようとか、工務店にお願いしよう。

すぐに決めないでください。まず自分はどういう家づくりをしたいのか。

いくらで建てようと思っているのか。ちゃんと考えてから依頼しましょう。

工事が始まるまでが勝負です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする